性病検査で病気をいち早く知る|気になる症状を自宅でチェック

検査について知ろう

悩むレディー

早いスピードで広まるエイズは、他人事では片付けられない程、日本でも流行っています。しかし、感染率を確実に増やした要因は、エイズ検査をしなかったことも関係しています。自分は大丈夫という気持ちがある方もいらっしゃいますが、エイズ検査をせずに性交渉に及ぶと、感染をさらに広げてしまいます。日本で現在最も多くなっているエイズ感染者は、症状が出て初めてエイズ検査を行ない、現実を叩きつけられています。この状態だとHIVに感染した後になるため、過酷な治療を余儀なくされるでしょう。またエイズは発症を食い止めることで、普通と変わらない生活を送ることができます。そのため、エイズ検査をし、早期発見へ繋げることが最も大切だと呼びかけているのです。

エイズウイルスに感染すると、体内には数多くのHIVが増加し、抗体を作っていきます。この段階でエイズ検査をすると、血液にあるHIVの抗体をより正確に見つけることができます。これを抗体検査と言い、一般的なエイズ検査で活用されています。また、早い段階で見つけるために行われるNTA検査や、タンパク質で感染を確認する抗原検査があり、どれも正確な結果が出せるエイズ検査になります。エイズ検査の流れは、HIVスクリーン検査から入り、陽性か陰性かを判断します。スクリーン検査は、ふるいにかける方法で、確認検査は陽性反応が出た場合、信ぴょう性の有無を確認するために再度行われる検査になります。